中学生のための社会科講座「 知識の空間 」は、社会科を学ぶ中学生のための自学自習サイトです。

写真素材のピクスタ

Pocket
LINEで送る

「 君死にたまふことなかれ 」

最終更新日:2019年02月27日

日露戦争のときに与謝野晶子が歌った詩です。

「 君死にたまふことなかれ 」

この詩は、日露戦争の時に、戦争に反対する気持ちを表した反戦歌だと言われています。

君死にたもうことなかれ

ああおとうとよ 君を泣く
君死にたもうことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとおしえしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや

堺(さかい)の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば
君死にたもうことなかれ
旅順(りょじゅん)の城はほろぶとも
ほろびずとても 何事ぞ
君は知らじな あきびとの
家のおきてに無かりけり

君死にたもうことなかれ
すめらみことは 戦いに
おおみずからは出でまさね
かたみに人の血を流し
獣(けもの)の道に死ねよとは
死ぬるを人のほまれとは
大みこころの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されん

ああおとうとよ 戦いに
君死にたもうことなかれ
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまえる母ぎみは
なげきの中に いたましく
わが子を召され 家を守(も)り
安しと聞ける大御代(おおみよ)も
母のしら髪(が)はまさりぬる

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻(にいづま)を
君わするるや 思えるや
十月(とつき)も添(そ)わでわかれたる
少女(おとめ)ごころを思いみよ
この世ひとりの君ならで
ああまた誰をたのむべき
君死にたもうことなかれ

この資料についてのみなさんの評価をお聞かせ下さい。もう一つまあまあ良い非常によい素晴らしい (No Ratings Yet)
読み込み中...
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

販売プリント

スポンサーリンク

Count per Day
  • 402022総閲覧数:
  • 4264月別閲覧数:
  • 314昨日の閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近のコメント


ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村